たるんだ皮膚の画像【一生治らない】

2016年7月20日=身長165/体重58kg (直立と座って皮を強調させた状態)

写真で見るダイエットの履歴書



筋肉で支えられずに垂れ下がる状態の肥満になる前に
何としても痩せるべき

ある程度の期間を肥満体型で過ごしてしまった方は
大変ではありますが、ゆっくりと痩せる事を心がけてください
※一定LVをこえてしまって垂れ下がってしまった場合は、ゆっくり痩せても皮膚がたるみます

残酷な事を言うようですが
細胞の…皮膚の再生…等では伸びた皮膚は戻りません

たるんだ皮膚の画像【一生治らない】



しかし、軽度であれば自分と同じように
下腹部の次に垂れやすい二の腕、こちらは三頭筋と二頭筋の肥大でまったく
分からなくなります。

下腹部(腰回り)に関しては
これからの挑戦です









では
まず最初に『皮膚がたるんだ経緯について』

無知な時に数十回も急激なダイエットを繰り返してきたため
定かでは無いのですが、思い当たる節としては

・小学生時代の 急激なダイエット
・20歳位の時に絶食気味のダイエット(月7kg位のペース)
・その度に繰り返してきたリバウンド
・23歳の時に独立(ネット関連)してからの超運動不足な生活
・肥満体型で過ごした年月の長さ


ここらへんが原因かな?と思います。




MAX時の
2011年の7月(26歳)約80kg ウエスト100オーバー
※毎晩ビール3リットル以上と白米1合以上に脂の肉で出来た素晴らしき肉体

2011年7月

↑今思い返せば、この時もデブ仲間 と比較して
明らかに自分の皮膚は柔らかかったです


そこから筋トレ+食事制限で54kgまで落としたのですが
骨皮レベルまで落とすと一見まったく分からないものの


脱力していると二の腕が若干のたるみ(揺らしたり触ると分かる)
下腹部も脱力して腰を丸めるとたるみが分かる状態

ちなみに肉割れは
肩前部、ケツ、太もも付け根に深く付いています(これは古傷みたいで気に入ってる





そこから約6年
途中で数年 筋トレを辞めて
数ヶ月筋トレしたり辞めたり
を繰り返してきましたが

【皮膚のたるみは肌の再生で・・・】
というのはです。

知り合いのお医者さんも言っていましたが
伸びてしまった皮膚は腹、腕など部位問わずに戻りません。

唯一の解決策は
手術(腹の場合100万~程度)
もしくは
限界まで体脂肪を落とす(軽度なら大分分からなくなります)
そして自分が目指す
筋肉の肥大で誤魔化し

※重度の場合は手術一択となってしまうと思われます







という訳で
2017年3月~
ガチで筋トレを始めてみました。


2017年9月の時点(バルクアップ中)で
二の腕のたるみは三頭筋の肥大でまったく分からなくなり
あとは下腹部のみ

たるんだ皮膚の画像【一生治らない】


何年かかるかは分からないし
途中で辞めたら毎度の如く無になるし
流行りのVシェイプではなく腹回りの太く寸胴を目指す訳だし
もうおっさんだし時間も金もそれなりに掛かるけど

せっかく痩せたのに皮膚が弛むとか残酷すぎ





妊娠中に太り過ぎて腹部の皮膚が伸びてしまった方
急激なダイエットで皮膚の収縮が追いつかずに伸びてしまった方
この手の改善方法が手術以外にもあるかも知れないってことを
これからお見せ出来ればと思います。



普通の人には分からない
たるんだ皮膚を見るたびに下がるモチベーションの感覚


でも、辛い筋トレと長い期間を乗り越えたらここまでなるんだ!!
ってことをね・・・お見せしたい←無理だったらごめんなさい 苦笑

(o^∇^o)ノ